4C

ダイヤモンドの見極め方

ダイヤモンドの価値は大きさだけでは測れません。

4Cと呼ばれる4つの要素で評価が決まります。

「Carat」=重さ

カラット(ct)は宝石の重さの単位で、1カラットは0.2gに相当します。
重さは価格を決めるひとつの要因ではありますが、その他の総合的な品質の評価があって初めてダイヤモンドの価値が決まります。

「Color」=色

一見無色に見えるダイヤモンドですが、黄色味を帯びているのがほとんどで、無色透明に近いほどその価値と希少性は高まります。カラーグレードは最高レベルのDカラーからZカラーまでの23段階の等級に分類されます。サマンサティアラでは主にFカラー以上をご用意しております。

「Cut」=研磨

ダイヤモンドの美しさの源である『輝き』を最大限に引き出すためには、優れたカット(研磨)の技術が要求されます。カットのクオリティーはダイヤモンドの価値に大きく影響します。カットグレードはプロポーションと、仕上がりの度合いでエクセレントからプアーまでの5ランクで判定します。サマンサティアラでは、主にvery good以上をご用意しております。

「Clarity」=透明度

クラリティーはダイヤモンドの透明度を表します。クラリティーグレードは、ダイヤモンドの内部や外部に存在するインクルージョン(内包物)の有無により判定されます。最高の品質がフローレス(FL)以下、11段階の等級に分類されます。サマンサティアラでは、インクルージョンの発見が困難なVS2クラス以上を主にご用意しております。